SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

croMOZU275 4th Coverphoto Gallery

croMOZU275 4th Now on Sale!!

TUBAGRA/driveライダー達が乗っているフレームはこちら

Topics

45分の朝活BIKE&FISHRiders-Diary

昨夜は奥さんが仕事で帰りが遅く、会社帰りに息子を保育園に迎えに行った後は、夕飯作って→風呂に入れて→遊んで→寝かしつけて(息子と一緒に轟沈)という具合で、殆ど個人的な作業(先日のジャムのビデオ編集など)ができずに終わってしまいました。

 

なので、今朝は少しでもそれらの作業を進めようと、朝活BIKE&FISHはトータル45分程度に済ますと決めてcroMOZU275 4thに乗って多摩川河原へGO!

X-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4thで水たまり超えバニーホップ

昨日、たくさん降った雨の影響で、河原のあちこちに大きな水たまりがあったので、それをバニーホップで飛び越しまくりでした。

X-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4thで水たまり超えバニーホップ

育児に疲れた寝起きの44歳のオッサンでも、ルアーロッドが装着されたバックパックを背負ったままで、本来はバニーホップがやりづらい27.5インチホイールのMTBにも関わらず、平地で簡単にこの程度の高さのバニーホップができます。(※水たまりの手前はわずかな下り斜面になっていて余計バニーホップがやりづらい)

 

それはひとえに世界で唯一無二の27.5インチホイール専用アクションMTBフレームであるcroMOZU275 4thのジオメトリのおかげと(1年半で4回ジオメトリを変えて最適化している!)、

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

現状のコスパ最強26インチ用アクション系サスフォークVELVET RL2の27.5インチホイール専用モデルであるX-FUSION STREAT RL2の、バニーホップやジャンプに最適化された動きがそれを助けてくれています。

X-FUSION STREAT RL2

多くの方がcroMOZU275 4thに乗ってバニーホップすると、「今まで乗ってきた26インチMTBよりもバニーホップしやすい!」とビックリされるのも、何と言いますか、こちらの狙い通りでうなずけるんですね。

 

上の水たまりバニーホップを撮影したら、すぐに釣りにスイッチ。今回はとにかく時間が無いので近場で済ませます。

朝活BIKE&FISHで釣れたカワアナゴ

スポットに到着して数発目でいきなり良サイズのカワアナゴ。「またお前かー!」って感じですけど、ファイトも十分で満足度高し。

その後、10分以内に小さなスモールマウスバスも2匹釣れ、自分的にお腹いっぱいになったのでトータル20分で撤収しました。

 

短い時間でしたが、凝縮されて濃かった朝活BIKE&FISHでしたね。家に帰って急いでビデオ編集。ジャムの映像、明日か明後日には公開できるかな〜?

小雨の中のバニーホップキャンキャンRiders-Diary

先日の日曜日午前中に開催したMTBストリート&ストリートトライアルPジャムの動画編集を進めていますが、完成はまだ数日時間がかかりそう。

なので、ちょっとしたオマケ動画を先に公開します。どうぞご覧ください。

TUBAGRAライダーYAMATO君のドリフト映像です。ここまでベタ寝かせで滑らせて、そこから起き上がるのが凄い!

本編はさらに見応えありますので、もう少々お待ちください。

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは小雨がパラつく中で行いました。

多摩川サイクリングロード 草バンクでcroMOZU275に乗りバニーホップキャンキャンをするサモ

路面など全体的にウェットで滑りやすくなっていて回転系は全封印です。そのため、屋根があり雨の影響を受けない場所を選び、croMOZU275 4thで主に段差からのバニーホップキャンキャンドロップにトライ。

情けないのですが、高低差があると恐怖心が出てきて足をピンと伸ばせられませんでした。実際、着地の衝撃はそこそこあって、少しでもペダルへの戻しが遅いと、足の変なところがフレームに当たってダメージを喰らいます。

 

場所を移動して、家の近所にできた飛べる縁石から斜面に飛び降りる中でもバニーホップキャンキャンにトライ。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 縁石で斜め刺しバニーホップ

こっちの方が先のシチュエーションよりも怖くてキャンキャンの体勢すら作れなかったです。前回、思い切りクラッシュして大流血したトラウマもありますし。

それでも繰り返せば慣れてきて、深くキャンキャンが入るようになるのでしょうか?懲りずにトライしたいと思います。

 

 

FISH(釣り)をしたところ、久しぶりにこのサイズのスモールマウスバスをGET!

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

いやー、嬉しいな!!ただ、テトラの際でヒットしてすぐ、テトラの中に逃げ込まれたため、ファイトの最中に魚体に少し傷を付けてしまったのが非常に悔やまれます。次回は気をつけよう。

 

 

自分やYAMATO君が愛用している日本発スニーカーブランド「SLACK(スラック)」が、神奈川県の逗子にあるPOP UP STORE TANOME(たのめ)に大量入荷しています。

 

 

このシューズ、日本のブランドなのに超お手頃価格で、どんなファッションにも合わせやすいシンプル・オーソドックスなデザインを採用。ソールパターンはペダルに最高にマッチするワッフルタイプ。

カラーもサイズも選び放題ですので、お近くの方はぜひご来店ください。また、遠方の方はTANOMEオンラインストアでもご購入いただけます。

今年もAUTHEN SESSION 2に参加しますRiders-Diary

TUBAGRAライダーAKIRA君をサポートしてくれているストリートオンラインストアAUTHENが去年の夏に開催したBMX、MTB、FGFSなどのストリートバイクのジャムセッションイベント「AUTHEN SESSION」が、今年も8月6日(日)に開催されます!もちろん今回もTUBAGRAで協賛させていただきます。

去年のAUTHEN SESSIONの様子 Vol.1 Vol.2

AUTHEN SESSION 2016

去年の「AUTHEN SESSION」の開催場所は海岸沿いの防波堤セクションが主でしたが、今年は変わってカミススケートパークです。比較的フラットなパークなので、平地トリックが得意なライダーが乗りやすいかも知れませんね!

また、TUBAGRAライダーのAKIRA君、YAMATO君も参加予定ですので、他のMTBライダーやストリートトライアラーもぜひ参加してみてください。去年に引き続き国内トップクラスのストリートBMXライダーたちも多数参加するので、とても刺激を受けますよ!

詳細は追って紹介させていただきます。8月6日(日)はぜひ予定を空けておいてください!

 

 

以前紹介した内装式変速ユニット「PINION」や、croMOZU275 4thで使わせていただいているヘッドパーツのブランド「FIRST Components」を扱っている国内代理店「Dos Ruedas(ドス ルエダス)」より、面白いチューブをいただきました。

Fly Bikes コブラチューブに似た棒状の27.5インチホイール専用チューブ

自転車用チューブは通常円形になっていますが、このチューブは棒状?になっていて、リムに巻いてバルブにさして固定する変わった仕様です。

Fly Bikes コブラチューブに似た棒状の27.5インチホイール専用チューブ

20インチホイールのBMXではFly Bikesのコブラチューブが結構有名ですが、27.5インチホイールではあまり見かけません。

Fly Bikes コブラチューブに似た棒状の27.5インチホイール専用チューブ

croMOZU275 4thでちゃんと使えるか試すのが非常に楽しみです!

 

 

近頃、朝活BIKE&FISHで良く使うルアー(ワーム)にJACKALL マイクロフリック 2.5(シナモンパール)があります。

JACKALL ジャッカル マイクロフリック2.5 シナモンパールで釣れたスモールマウスバス

小さなミミズに似たワームで、水中での動きも本物そのもので、状況次第では本物のミミズよりもスモールマウスバスが釣れる始末。

JACKALL ジャッカル マイクロフリック2.5 シナモンパールで釣れたスモールマウスバス

問題は、10cm未満の小さなスモールマウスバスも釣れてしまうこと。あまり小さなサイズは釣りたくないんだけどな。というか、ここ最近、大きなサイズが全然いなくて釣れなくて困っています。

 

JACKALL ジャッカル マイクロフリック2.5 シナモンパールで釣れたカワアナゴ

スモールマウスバスの代わりに20〜30cmのカワアナゴがワームで頻繁に釣れるので、それはそれで良いのかも知れません。

MTBストリート&ストリートトライアルPジャムお疲れ様でしたRiders-Diary

日曜日午前中に開催したMTBストリート&ストリートトライアルPジャムお疲れ様でした。

 

今回は動画撮影がメインですけど、編集にちょっと時間がかかるので、合間に撮った写真を先に紹介します。

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム YAMATO君ノーハンド

奥のセクションからルーティンで色んなトリック入れまくり、飛び乗った手前のBOXからバニーホップノーハンドドロップをするTUBAGRAライダーYAMATO君。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム YAMATO君バニーホップ180シートグラブ

同じく飛び乗ったBOXからバニーホップ180タイヤグラブドロップをするYAMATO君。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム YAMATO君バニーホップバースピン

YAMATO君の十八番であるバニーホップバースピンドロップ。安定感が半端ないです。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム シャラ君ノーハンド

武蔵野スケートパークローカルのMTBストリートライダー、シャラ君の指先まで完璧に伸びたバニーホップノーハンドドロップ。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム 水野君フファニュ

お馴染みストリートトライアルライダー水野君のフファニュー。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム mamboさんジャックナイフターンドロップ

新見沼大橋スポーツ広場スケートパークがローカルのストリートトライアルライダーMamboさんのジャックナイフターンドロップ。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム 鈴木雄大君バニーホップX-UP

MOZU24に乗る大学生ストリートトライアルライダー、鈴木雄大君のバニーホップX-UPドロップ。

 

BOX以外にジャンプセッションも。

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム YAMATO君飛び切りバースピン

バックサイド飛び切りエアーで普通にバースピンをするTUBAGRAライダーYAMATO君。こちらも安定感が素晴らしい。

 

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム YAMATO君 テーブルトップ インバート

ガッツリ入ったテーブルトップ(インバート)をするYAMATO君。本人的にはイマイチだったのでした。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム シャラ君指差しワンハンド

指差しワンハンドエアーがキレイに決まったシャラ君。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム 鈴木雄大君テーブルトップ インバート

鈴木雄大君のテーブルトップ(インバート)…うーん、ガニっていますね。彼はストレートジャンプもしっかり練習すればさらに上手いライダーになれる気がします。

 

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム シャラ君の刺しバニーホップ

縦コーンの高さが72cmで、先が割れている所にスケートボード挟んでおそらく高さ80cmちょっと。それをシャラ君がストレートな刺しバニーホップで飛び超えます。腰も十分に引き、腕もキッチリ伸びているので、このスタイルでは完璧なカタチ。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム YAMATO君の斜め刺しバニーホップ

一方、YAMATO君はこれまた安定の斜め刺しバニーホップで余裕を持ってクリアー。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム 鈴木雄大君 斜め刺しバニーホップ

ここでさらに凄い高さで飛ぶのはMOZU24に乗るストリートトライアルライダーの鈴木雄大君。80cmの縦コーン+スケートボードを余裕を持って超えています。

 

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム 鈴木雄大君 斜め刺しバニーホップ

極めつけはコレ!80cmの縦コーン+スケートボードを+40cmくらい余裕を持って超えているじゃないですか!これにはみんなビックリです。

どこかのタイミングでバニーホップコンテストが開催されたら、雄大君はいきなり優勝候補になったりする可能性もあります。

 

 

とまぁ、こんな感じで写真でのPジャムの紹介でした。かなり断片的な内容なので、Pジャムの 動画はもっと凄いです!刺激的なライディングがいっぱいですよ!

ただし、編集はもうちょっとお待ちください。なかなかまとまった時間が取れなくて…すみません。

新しいスリム型オール樹脂ペダルを購入してみたRiders-Diary

先日、今まで2年半使い続けてきたDabombの樹脂ペダルPOPSICLE(ポップシクル)が壊れてしまったため、この度、新しくペダルを購入しました。自分の足裏にフィットする、スリム型(薄型)のオール樹脂ペダル(プラペダル)です。

 

それで購入したのが、前回に同じく、Dabombの樹脂ペダルPOPSICLEのホワイト。

Dabombの樹脂ペダルPOPSICLE(ポップシクル)

 

さらにもう1つ、RANT Hella PedalというBMXブランドの物を。

RANT Hella Pedal 薄型ペダル

お気づきかと思いますが、上のDabomb POPSICLEと下のRANT Hella Pedalは形状が完全に一緒です。台湾製では一般的な、同じペダルだけどブランド名の刻印が違うってヤツですね。

 

という訳で、自分のcroMOZU275 4thには今までと同じペダルを装着することができました。ちなみに、ホワイトだとイメージが変わってしまうので、前回と同じくブラックのRANT Hella Pedalを選択。うん、バッチリだ!

Dabomb POPSICLEホワイトはもう1台の愛車 SHAKA24に取り付けます。

 

 

土曜の朝練は、いつものようにご近所MTBストリートライダー松平さんと一緒に。

アラフォーライダーの松平さんはTUBAGRAのストリートフレームSHAKA24に乗り始めて2年弱になりますが、最近ではバニーホップバースピンがあと少しでメイク!という段階まで来ました。

朝活BIKEでご一緒するご近所MTBストリートライダーMさんのSHAKA24バイク

何だかんだ上手くなってきて、一緒に乗っていても刺激をもらえて楽しいですね!

 

一方、自分の方は、家の近所に出来た飛べる縁石を、斜面側へのアプローチが可能になったので突っ込んでみました。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 縁石で斜め刺しバニーホップ

うーん、進入角度の関係から、なかなか気持ち良く斜面にダイブできません。慣れれば対応できるのでしょうか?

と、試行錯誤しながら5回目くらいの突っ込みで、バニーホップする瞬間にフロントが引っかかってゴツゴツしたアスファルトの斜面に投げ出され、転がり落ちて久しぶりにたくさん流血しました。膝、スネ、くるぶし、肘、肩、両手のひらと盛大です。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 52W NEWSPAPER SLACKスニーカー

怪我的には大したことないものの、常時血がダラダラなので、息子が気持ち悪がって近寄ってくれません。

そして、奥さんは「シーツや家具に血を付けないで!」と一言放って仕事に出かけていったのでした…。

 

そんな土曜日は終日育児DAY。

ハンモックで遊ぶ叶大

あまり使わない部屋に息子に連れられて行ったところ、いつの間にか自宅にハンモックがあることを知りました。というか、息子はメチャ使い慣れている!自分は全然知らなかったのに(泣)

奥さん、いつ買ったんだろう?

 

夕方になって涼しくなってきたので、近所の多摩川河原の公園に息子を連れて行って遊びます。

砂場で遊ぶ叶大

息子、砂場にきかんしゃトーマスのプラレールを持ち込んで砂遊びを始めました。遊び終わった後にプラレール内に入った砂を取り除くのが意外と面倒でしたね。

 

そして先週に引き続き釣り。

釣れたカワアナゴを触る叶大

今回はカワアナゴ1匹のみで、前回の大きなナマズは釣れませんでした。それでも息子が魚と戯れることができて良かったか!(カワアナゴはすぐにリリースしました)

MTBストリート&ストリートトライアルジャムの駐車場とセクションについてRiders-Diary

MTBストリート&ストリートトライアルPJAM

いよいよ開催日が近づいてきましたMTBストリート&ストリートトライアルPジャムですが(7月23日 日曜午前中開催)当日の駐車場と、ジャムで利用するセクションについて以下に記させていただきます。

 

開催場所は新見沼大橋スポーツ広場のスケートパーク。

新見沼大橋有料道路の高架下にあります。

この場所に8時半にお集まりください!!暑くなるお昼前には確実に撤収しますので、なるべく遅刻のないようお願いします。

 

 

【駐車スペースについて】

ストリートトライアルジャムVol.0駐車場情報

太い道路から向かい、パークのある高架下に来ると十字路になっています。

そこを右に行くと高架下に18台のクルマが入る駐車場があります。

ストリートトライアルジャムVol.0駐車場情報

基本的にエントリーされるライダーや、観戦をされる方はこちらをご利用ください。

 

一方、先程の十字路を左側に曲がるとパークを右手に見ながら進んだところの高架下に、中央にクルマが通れるようにしてフェンス脇にクルマを停めることができます。下の写真のように。

ストリートトライアルジャムVol.0駐車場情報

こちらは詰めて停めてもせいぜい5台が限界ですので、主催者や駐車場に入り切らなかった方のクルマを停める用にしたいと思います。

 

【セクションについて】

ストリートトライアルジャムVol.0セクション情報

2つのストリートボックス。1つのみを使用しても良し。2つをルーティンを組んで攻めるも良しです。

 

ストリートトライアルジャムVol.0セクション情報

BOXジャンプは普通に飛んでも良いですし、ストリートトライアル的な独特の攻め方も期待したいですね。

 

ストリートトライアルジャムVol.0セクション情報

角レール。ディスクブレーキライダーにとってはローター曲げそうで怖いかと思いますが、グラインドが得意なMTBストリートライダーにとってはたまらないセクションではないでしょうか?

 

とまぁ、そんな訳で、みなさま気軽に遊びに来てください。多くの方の参加を楽しみにしています!

クルマのタイヤでファイアークラッカーRiders-Diary

今日の朝活BIKE&FISHで、ずっとやりたいと思っていたクルマのタイヤを使ってのファイラークラッカー(前後輪を意図的に障害物に当てて軽い力で飛ぶバニーホップ)。ついに実現しました!(河原の端に落ちてた)

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース クルマのタイヤでファイアークラッカー

動画はこちらです。

軽自動車?のタイヤだからか、動画を見ての通り簡単に潰れて反発が殆どなく、あまり高く飛ぶことができませんでした。もっとビヨーンって感じの反発を期待していたのですが。今回のよりも太くて大きなタイヤで試したいですね!

 

20回くらい飛んで着地したところで、ペダルに違和感が。

クラックから折れたDabombの樹脂ペダルPOPSICLE(ポップシクル)

確認したところ、以前クラックが入っていた箇所が完全に折れ、上のような状態になっていました。こうなると、全く踏み込めなくなることが判明。なるほど、勉強になるなぁ!!

そして2年半もの間、高いところから落ちる着地の衝撃に耐え続けてくれて本当にありがとう☆

まぁ、これで心置きなく新しいペダルに付け替えることができます。既に新しいペダルは購入済だったり!

 

こんな状況のため、昨日のリベンジであるバニーホップ180ドロップは先延ばしです。残念だ!!

 

 

MTBのアクションライディングができなくなったので、早々に釣りに移行します。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

ハイ、またもやこのサイズのスモールマウスバスです。実際、3匹釣れました。このサイズが釣れてもあまり楽しくないのです…

というか、大きなサイズの魚が全然いません。

うーむ、こいつらが成長するまで根本的に釣り方を変えてみるか。

現在、即納できるTUBAGRAのフレームたちRiders-Diary

普段は納期3ヶ月程度が当たり前の、埼玉県川口市にある岡安製作所で作成されるTUBAGRAのフレームたちですが、以下に紹介するフレームはすぐにお届けすることができます。

 

croMOZU275 4th

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

用途:ダート全般を快適に飛び走る カラー:マットクリアー 対応ホイール:27.5インチ フレームの詳細ページ

 

SHAKA 24

お客様のTUBAGRA SHAKA 24バイク

用途:ストリート・パークライディング カラー:マットクリアー 対応ホイール:24インチ フレームの詳細ページ

 

OPENER

trMOZUバイク

用途:ストリートトライアル カラー:マットクリアー 対応ホイール:24インチ フレームの詳細ページ

 

ご興味ある方はお問い合わせください。お支払い方法から、完成車で組みたい場合のショップの紹介などもさせていただきます。若干数のみですので、お早めにご連絡ください。

 

あ、akaMOZUはいつでも即納できます!!

TUBAGRAライダー藤本さんのakaMOZUバイク

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは、以前メイクし切れなかった段差を再びバニーホップ180ドロップで攻めてみました。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 段差バニーホップ180ドロップ 日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOWを履いて

相変わらずアプローチが狭く、着地も少し多めに回らないとフェイキーに持ち込めず、さらにビビリも入って今回も失敗しまくり。

SHAKA24なら余裕でメイクのハズですが、そこはホイールの大きなcroMOZU275 4thです。なかなかキレイに回り切れず着地失敗で何度地面に転がったか…!その度にお尻の横を強打しまくりで歩行に支障が出る始末。

そして、高いところから回って落ちているので、フレームはもちろん、カーボン製のホイールやハンドルバーも着地の度にヤバイ衝撃を受けています。良い耐久テストになっているのは間違いありませんね。

 

下の写真は前回トライのシーケンス。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 段差バニーホップ180ドロップ 日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOWを履いて

今回のバニーホップ180ドロップでは、最終的にはカタチになったものの、着地が登りになっているためフェイキーでキレイに後ろに進まず、着地からほんの少ししか後ろに進まず、非常に苦しい流れとなりました。

あ、やっぱりコレはメイクじゃないですよね。ハイ、今回もノーメイクで(泣)

うぉー、悔しい!明日も頑張るぞ!!

 

という訳で、今後は自分の(低い)限界にチャレンジするようなライディングを積極的に行っていこうと思います。そっちの方が毎日が刺激的で面白いかなぁと。

 

 

今日の朝活FISHは上のチャレンジに時間がかかったので、少ししかやっていませんが、面白い魚が釣れました。

朝活BIKE&FISHで釣れたスズキ セイゴ

何と、海の魚であるスズキ(セイゴ)が釣れたのです。

もちろん、ウチの近所でなら頻繁に釣れる魚で「何が面白いの?」と問われそうですが、今回このスズキを釣った場所は多摩川でも二子玉川付近の清流、いわゆる完全な淡水域です。そんな場所にスズキがいることにビックリでした。

いやー、多摩川、まだまだ奥が深いわ。

 

「プレイバイク」はまた流行るのか? Vol.1Riders-Diary

今日の朝活BIKE&FISH。アグレッシブにcroMOZU275 4thでスピード速めのバニーホップ180をしまくっていたら、準備運動し忘れていて、着地失敗して地面に転がった際に腰をプチギックリ。ああー、やっちまったー!!せっかく色々治ったばかりだったのにー(泣)

X-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

そんな訳でバニーホップ180の写真は無しで、croMOZU275 4thのある風景写真でもどうぞ。

 

 

それはそうと、ここ最近、MTBのストリート、ダートジャンプシーンで思うことを書いてみたいと思います。ちょっと書き出したら結構な量になりそうだったので、2回に分けてお届けします。

 

ここ最近、明らかに感じるのが、MTBに乗る人が増えてきているということ。具体的に言うと、今までロードバイクに乗っていた人、シクロクロスをやっていた人たちがMTBに乗り始めている!

「流行っている」という状況までは程遠いですけど、今後さらにMTB人口が増える、増えて面白いことが起きそう!という空気がなんとなく漂っています。

15〜20年前にMTBのダウンヒルブームというのがあって、その当時の日本のスポーツバイクシーンは猫も杓子もMTBでした。裏原宿や表参道みたいな都会のど真ん中でごついフルサスのMTBが良く走っていたし、あのバイシクルクラブでさえ、ほぼMTBの記事しか載っていなかったくらい。

今回もそれに近いくらいMTBが流行るのでしょうか?

流行り過ぎちゃうと凄い勢いで廃れるから、ほどほどに流行って定着して!というのが業界内の声だったりしますけど。

 

昔と違うのは、MTBのホイール径が大きくなって走破性が上がったこと、パーツの耐久性が上がってあまり壊れなくなり、性能も上がって操作性もだいぶ向上したことでしょうか。(すぐパーツが壊れることで出費がかさみ熱が冷めて止めていく人もいた)

そして極めつけは(公で)MTBで遊べるフィールドが増えたこと!

当時は富士見パノラマとか高峰とか常設コースは数えるほどで、各地の里山トレイルはグレー感満載でしたけど、今では各地域の人たちの努力で把握できないくらいMTBで遊べる環境が存在するようになりました。

参考:バイシクルクラブ全国エリア別MTBコースガイド

気が付けば全国にスケートパークの数も増え、MTBでストリート・パークライディングをするにも「今日はどこのパークで乗ろうかな?」なんて選べる程になっています。

 

それで、当時の多くのMTBライダーたちはまず1台ごついダウンヒルバイクを保有していたものでした。ただし、毎週常設コースに乗りに行ける訳じゃないから、近所の公園で遊べる用・練習用にアクションライディングに適したコンパクトなハードテイルMTB「プレイバイク」も保有しての2台持ちの方が多かったですね。

「プレイバイク」とは、大まかに言うと、バニーホップがしやすいジオメトリのフレームや、ジャンプがしやすいセッティングのパーツ構成のハードテイルMTBのことを言います。文字通り「遊べるMTB」ってことですね。

そんな2台持ちで、平日夜はプレイバイクに乗って近所でバニーホップの練習をして遊び、週末は山に行ってダウンヒルバイクでガンガン楽しまれるという。

 

それを現代に置き換えると、多くの方はダウンヒルバイクとはいかなくても、1台目でトレンドの27.5+や29erのフルサスMTBを保有し始めていて、という状況にあります。

そんな方たちが、家の近所の公園で遊べるようなハードテイルMTBを購入するに至るのでしょうか?

 

Vol.2に続く。

 

 

今日の朝活BIKE&FISH。プチギックリで安静状態で昨日の大雨で増水&濁り気味の多摩川で釣りをしました。

朝活BIKE&FISHで釣れたカワアナゴ

釣りはじめて2投目で良サイズのカワアナゴがヒット!

うーむ、嬉しいけど、ここんところ連続してカワアナゴばかりですね。そろそろスモールマウスバスが恋しくなってきているので、明日は絶対に釣るぞ!

 

 

近所に住む会社の同僚に教えてもらった、近くのスーパーで売っている1本78円のトウモロコシ。

近所のスーパーで買ってきた1本78年の激美味トウモロコシ

レンジで温めて食べたら激美味だった。毎日買って食べるぞ!!

諸々雑記Riders-Diary

MTBストリート&ストリートトライアルPJAM

次の日曜日、7月23日(日)に埼玉の某スケートパーク(今年の3月にストリートトライアルJAMを開催したところ)で「MTBストリート&ストリートトライアルP-JAM」を午前中限定で開催します。とても敷居は低く、誰でも気軽に参加できるジャムですので、少しでもご興味のある方はご参加&見学しに来てください!

金か土に詳細な場所を告知します。駐車場も無料で全部で20台は停められるので安心ですよ!

 

 

今日の朝活BIKE&FISHでは、体調も戻ったしcroMOZU275 4thでのバニーホップ180ドロップのリベンジしようと思ったら付近にラグビー?のチームがいて見送り。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

仕方ないので僅かなコブを利用して「これでもか!」とバニーホップキャンキャンの練習。後半、疲労で腿が上がらなくなるまで頑張ってみました。

とはいえ、自撮りリモート機器のセンサーを持って来るの忘れたため、キャンキャン写真は一切無し。寂しい〜(泣)

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

その代わりにcroMOZU275 4thの写真をいくつか撮ってみました。ハンドルバーが広く見える正面からの構図が意外と好き。

 

 

サポートしていただいている、毎週その週のニュースと絡めたデザインをリリースしてくる「52w-newspaper」の新しいTシャツがイケてます。

52W NEWSPAPERのTシャツ

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段が29連勝、歴代単独トップを達成した「29」という数字をデザインに落とし込んだ「29連勝Tシャツ」が格好いい!本気で欲しい!!

 

 
昨日大きいナマズ釣ってお腹いっぱいだったけど「こんな時こそ新しいスポット開拓だ」と、川岸から少し離れたテトラに飛び移ったら苔でソールが滑って川にドボン。腰まで川に浸かり、スニーカーからパンツまで完全水没です。iPhone7 Plusは完全防水で良かった。

朝活BIKE&FISHで釣れたカワアナゴ

その甲斐あってか、今年一番ゴツイ顔つき+体格のカワアナゴをGET!うぉぉぉぉ、嬉しい☆

代償もデカかったけど(涙)

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA