SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム2 太一君のレール乗り Coverphoto Gallery

New TUBAGRA Rider Taichi

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

ウィルバイシクルにakaMOZUを納品してきましたRiders-Diary

1月20日(土)21日(日)は科学技術館 1F催物場2018ハンドメイドバイシクル展が開催され、TUBAGRAも岡安製作所ブースに間借りするカタチで出展いたします。

croMOZU275 BIKEYOKE X-FUSION TERRENE

出展するバイクはcroMOZU275。

水野君のサイクリング、山岳サイクリング、公園トライアル専用最新フレーム+フォーク by 岡安製作所

水野君のサイクリング・山岳サイクリング・公園トライアル兼用バイク。

岡安製作所製グラベルバイク

岡安製作所オリジナルのグラベルロード。

Shaka 24

フレームでSHAKA24。

以上のバイク+アルファで出展しており、自分は常時ブースにおりますので、ぜひ遊びに来てください!croMOZU275はまたがることが可能です。(その場でならバニーホップをすることも…)

 

本日はakaMOZUの納品で、神奈川県相模原市にあるMTBプロショップ、ウィルバイシクルさんに行ってきました。

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU

店頭にあるのは試乗車のakaMOZU(GRAY)バイクです。

 

ウィルバイシクル Will bicycle

ウィルバイシクルの店内です。このショップの凄いのは、限られた空間にグラビティ系のパーツ(のみ?)が凄まじいまでの密度で所狭しと収まっていることでしょうか?特定のMTBライダーにとっては夢のような空間となっています。

 

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU 市川さんバニーホップ

ウィルバイシクルでは、某有名代理店の元スタッフだったIさんが遊びに来ていて、店長の大崎さんのご馳走で一緒に昼食をとったり(ありがとうございました!)、試乗車のakaMOZUに乗ってみんなでバニーホップをしたりしていました。

 

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU 市川さんバニーホップ

Iさん、初めて乗るakaMOZUにもすぐに順応され、バニーホップやマニュアル、180などを華麗にこなしていました。

 

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 akaMOZU

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 akaMOZU

ウィルバイシクルの試乗車であるakaMOZU(GRAY)バイク。26インチホイールで、癖がなく誰でもすぐにバニーホップできます。

 

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 akaMOZU ファイアークラッカー

自分も試乗車のakaMOZUに乗り、持参した流木でファイアークラッカー(意図的に障害物にタイヤを当て、その反発を利用して軽い力で飛ぶバニーホップ)を実演してみました。準備運動無しのバイクにまたがって数発目のトライだったので、刺しが全然入ってなくてすみません。

それでも、全然力を入れずにタイミング合わせただけでこれだけの高さを飛ぶことができます。

 

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 akaMOZU

ウィルバイシクルではakaMOZUだけでなく、TUBAGRAの国産フレームもすべて完成車にして購入することができます。県外のお客様で、一度も店頭に行ったことが無くてもメールのやり取り+ウィルバイシクルのオススメパーツ構成で納得の一台を組み上げることが可能となっておりますので、興味のある方はぜひウィルバイシクルにお問い合わせしてみてください。

 

Will Bicycle(ウィルバイシクル)
神奈川県相模原市中央区上溝5-3-16
TEL:042-760-8852

クルマでご来店される場合は、近所にあるダイエーの大きなコインパーキングを利用されることをオススメします。

 

ご覧の通り、akaMOZUは各ショップでもお取り扱いいただけます。ご興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください。

ちょびっとスケートパーク練習Riders-Diary

岡安製作所に用事があったので、行く前に1時間ほど近くにある新見沼大橋スポーツ広場スケートパークでSHAKA24に乗りました。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク SHAKA24 クォーターパイプ飛び出しテーブルトップ インバート

クォーターパイプ飛び出しのテーブルトップ(インバート)をやってみたのですが、エアターンでやるのと同じように入りそうでなかなか深く技が入らないですね。着地の衝撃も結構キツイですし。30分ほど粘って上の写真の角度でいっぱいいっぱいでした。もっと深く入れたいんだけどな。

 

他に色々やったことをまとめた動画がこちらです。

MTBのグラインドとても面白いんだけど、みんなもチャレンジしないかなー。

 

SHAKA24バイク

BMXハブ+グラインドペグ装着可能のSHAKAなら当たり前のようにできますよ!

X-FUSION STREAT RL2を使用して10ヶ月経ちますがRiders-Diary

ストレートコラムタイプも未だにラインナップし、入荷したらすぐに完売してしまう26インチホイール専用サスフォークのX-FUSION VELVET RL2。

そんなVELVETの27.5インチホイール専用モデルであるX-FUSION STREAT RL2を、愛用するcroMOZU275に装着してかれこれ10ヶ月が経ちました。

croMOZU275 BIKEYOKE X-FUSION TERRENE

10ヶ月間、恥ずかしながらたまにインナーチューブにスリックハニー系のグリスを塗る程度でほぼノーメンテで使っていますが、未だに使い始めた頃の動きの良さを維持していることに驚いています。

ご存知の通り自分は木の根っこや倒木、岩などに意図的にタイヤをブチ当てて飛ぶファイアークラッカーを毎日のように多用しまくっているため、確実にフロントフォークを一般的なMTBライダーよりも酷使しているハズですが、少しも不具合は出ていません。

 

croMOZU275 X-FUSION STREAT RL2

長く維持されるフォークの動きの良さと剛性感、信頼性を考えると、定価が59,800(税込)というのはかなりのコストパフォーマンスの良さだと思います。

もし、27.5インチホイールのMTBに乗られていて、気持ち良く、安心してフィールドをバニーホップで飛び走りたいと考えるのなら、X-FUSION STREAT RL2はオススメです。

 

X-FUSION STREAT RL2

X-FUSION STREAT RL2

カラー:BLACK、WHITE
重量:1,814g
トラベル量:140mm(デフォルト)、120mm、100mm
アクスル:15mm
対応ホイール:27.5インチ
コラム:テーパード
スプリング:エアー
ダンパー調整:リバウンド、ロックアウト
販売価格:59,800(税込)

 

購入を希望される方はこちらのページでお求めになれます。

 

 

今日はお昼から雨が降るって言うので息子を保育園に送った後、パパっと1時間くらいcroMOZU275で河原を散策ライド。その様子を軽く撮影して短く動画にまとめたのでご覧ください。

リアタイヤを豚さんに触れながら超えるかがポイントでした。この大きさの倒木もタイミング合わせるだけで軽く超えられるな。

沖縄の「アウトドアショップNEOS」でakaMOZUをご購入いただけますRiders-Diary

沖縄 アウトドアショップNEOS akaMOZU

登山、カヤック、キャンプ、自転車など幅広く揃えている沖縄県のアウトドア専門店「アウトドアショップNEOS」でTUBAGRAの26インチホイール専用ストリート〜ダートジャンプ用フレームakaMOZUをお取り扱いいただけることになりました!

 

NEOS店頭では既に試乗できるakaMOZUバイクも完成しております。

沖縄 アウトドアショップNEOS akaMOZU

GRAYのフレームをカスタムペイントされていて、今までにない格好良さ!

 

NEOSのakaMOZU試乗車のパーツ構成は以下の通りとなっております。

フレーム:akaMOZU GRAY(ペイント済み)
ハンドルバー:NUKEPROOF SAMHILL
ステム:KORE CUBIX 50mm
ヘッド:TOKEN OMEGA Mテーパー
クランク:SHIMANO ZEE
BB:SHIMANO SAINT
ペダル:Clank Brothers STANP2 S
フォーク:MANITOU CIRCUS Expert
ブレーキ:MAGURA MT5
シート:Bontrager Montrose Comp
Fハブ:SHIMANO ZEE
Rハブ:SHIMANO ZEE
リアメカ:SHIMANO ZEE
リム:SPANK SPOON32
タイヤ:MAXXIS DTH
ローター:HOPE Floating Disc Brake Rotor
チェーンリング:HOPE Retainer Narrow Wide Chainring

 

沖縄でMTBストリートやアクション系MTBに乗ってみたい方は、ぜひともアウトドアショップNEOSに行ってみてください。サイクル部門のスタッフの方にお問い合わせいただければ、上で紹介したakaMOZUに試乗することも可能となっております。TUBAGRAのフレームのバニーホップのしやすさを実際に体験してみてください!

 

アウトドアショップNEOS
〒901-2131
沖縄県浦添市牧港2丁目50番11号
TEL:098-877-6122

最近の練習と成田ゆめファミリーオートキャンプ場で冬キャンプRiders-Diary

近頃はSHAKA24で朝6時半に城南島海浜公園スケートパークでの早朝練を1時間ほどしています。土日はご近所MTBストリートライダーの松平さんと一緒に。

城南島海浜公園スケートパーク SHAKA24 エアターン

他の誰もいないスケートパークを貸し切り状態で乗れるから最高なんじゃないかと思われますが、猛烈に寒くて身体が思ったように動かず、実際の半分くらいしか実力を出せなかったり。写真のエアターンもしょぼい…。

 

ここ数日は急ぎの仕事で午前中スケートパークに行けないため、昼食後に近所の多摩川河原でcroMOZU275に30分ほど乗っています。

多摩川河原ダートコース croMOZU275 丸太バニーホップ ファイアークラッカー

今日は河原の下り斜面に流木を置き、トレイルでの根っこを利用したファイアークラッカー(意図的に障害物に前後輪をヒットさせその反発で軽い力でバニーホップするトリック)を想定した練習を重点的に行いました。

サドルの先が股に引っかかるので、深い斜め刺しが必要なのですけど、まだまだ浅くて股が痛いです…(泣)

 

しかし今日は春みたいな暖かさでしたね。

croMOZU275 BIKEYOKE X-FUSION TERRENE

帰らないで河原の土手に寝そべって日向ぼっこしたかったけど、そこは我慢しcroMOZU275を軽く撮影して家に戻りました。

 

そういえば息子はヨツバサイクルをかなり自由自在に乗れるように。そうなると本人も楽しくて仕方ないようで、2時間ほど多摩川の河原やサイクリングコースを走りまくります。そんな息子の自転車にランニングしながら付いて行かなくてはいけない自分は地獄の苦しさを味わいました。(自分も自転車に乗って追っかけるとおかしな挙動をした時に対応できない)

多摩川河原 ヨツバサイクル YOTSUBA14

今回の成果は、大人でも疲れる土手の長くて緩い坂を完全に自力で上り切れたり、その坂を反対にブレーキを駆使して安全に下りれたり、悪路や少ない上り段差も勢い付けてクリアーできるようになったり、リアブレーキロックで30cmほどスライドできるようになったりと、かなり成長著しいです。

ここまで来ると補助輪を外しても良いんじゃないか?なんて思うのですが、どうなんでしょう…

 

 

日曜日〜月曜日で家族で成田ゆめ牧場のオートキャンプ場「成田ゆめファミリーオートキャンプ場」に行ってきました。いわゆる冬キャンプを体験しに。

そんな日程のため、広大なテントサイトには自分たち以外ではあと1家族しかいなく、凄まじいまでの開放感を味わえてラッキー!(悪く言えば閑散としていて超寂しい)

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

太陽が出ているうちは暖かくて普段着でも大丈夫なのですが…

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

太陽が傾いて来るとみるみる気温は下がり、覚悟はしていましたけど、想像以上の寒さを味わうことに。太陽が沈んだ段階で既にバケツの水は凍り始めていました。某キャンプアニメでは女子高生たちが冬キャンプを気軽に楽しんでいましたけど、実際はそんなにゆるくないことを実感。

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

空を見上げれば済んだ空気で満天の星空が広がっています。とてもキレイで感動するレベルなものの、寒さで落ち着いて眺めることができません。

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

そんな寒さから身を守る唯一の方法が焚き火の勢いを維持し絶やさないようにすること。

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

焚き火、上半身は十分暖かい(顔なんて熱いくらい)のですが、芝が焼けないように焚き火台を使用するために膝から下が一切温まらず、普通のスニーカーを履いていた奥さんと自分は足元から来る冷気に相当苦しめられました。最終的に椅子の上であぐらをかくことを編み出し、何とか足元も暖かくなりましたが、ちょっと姿勢がキツかったです。

次回はもっと快適に過ごせるように、防寒対策が施されたウインターブーツを買おうか真剣に考えてしまいましたね。

 

あと、夕飯は焚き火で焼肉をして味は最高だったものの、肉を焦がさない程度の火の威力だと身体を温めるには寒すぎて、食べている間は寒さで凍えているという、ちょっと本末転倒な状況に。

次回は身体を暖める焚き火と、食事は豚汁など汁物にして温めるのはバーナーを使用するなど、用途を分けた方が良いように思いました。

 

そして最後の試練。就寝です。21時過ぎにはバケツの水はカチンカチンの氷で、お茶やジュースのペットボトルはシャーベット状になり、キャンプ場の水道は凍って流れなくなっています。温度計を持って行かなかったのですが、どう考えても-5度は下回っていた模様。

テントの中も例外ではなく、寝袋から顔を出して寝ようとすると鼻や耳が冷えて痛くて眠れません。

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

なので、毛布+湯たんぽ×2で武装した寝袋(ファミリータイプ)に頭までズッポリ入り家族三人「川の字」で寝ると、外の寒さとは裏腹に足先まで猛烈に温かく、最高の幸せを味わえました!上の写真の赤い◯で囲った部分に寝ている息子の髪の毛が見えていますね。

 

そして朝!7時くらいにトイレに行くために外に出てみると、地面やクルマは霜で真っ白、テントは凍ってパリパリになっていました。

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

トイレまでの往復は極寒なのですが、寝袋に入ればまた天国の様な暖かさが待っていると分かっていると、不思議と耐えられるんですね。

とにかく、外が寒ければ寒いほど寝袋の暖かさが快感で、これを味わうためだけに冬キャンプにまたトライしたい!と思えます。

 

ずっと寝てばかりではいけないので、何とか起き出して…

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

ちょっと曇り空で陽の光が弱いものの、日光の暖かさに感動しつつ、再び火をおこして朝食をとりました。

 

成田ゆめファミリーオートキャンプ場の良い点として、子供が動物に触れ合える「成田ゆめ牧場」が隣接していることがあります。

成田ゆめ牧場 冬キャンプ

施設はかなり充実していて、気軽に動物たちと触れ合え遊具も豊富、お店の料理もかなり美味しく満足度が高くて、次回もまた来たいと思ってしまいましたね!

 

そんな次の我が家のキャンプは2月の上旬に予定されていて、それまでに今回の反省点をどこまで活かせるか?が問われます。いやー、楽しみだなぁ!!あ、次のキャンプにはMTBも持参しますので、キャンプ+MTBネタも楽しみにしていてください。

スケートパーク盛り沢山の関東Riders-Diary

昨日は息子を保育園に送り出した後、午前中1時間半だけ大師河原スケートパークで乗ってきました。

大師河原スケートパーク SHAKA24

メインのバンクで苦手なバニーホップからのテーブルトップ(インバート)を重点的に練習。

大師河原スケートパーク SHAKA24 バンクインバート

R飛び出し(ジャンプ)と違い、バニーホップからだとなかなか深く入らないんですよね。本当に難しい。

大師河原スケートパーク SHAKA24 バンクインバート

他にも着地が狭いバンクでバニーホップ180をしたりと、普段は苦手であまりやらないことを重点的に練習して帰宅。寒かったけど良い練習になりました。

 

それにしても、気がつけばウチの近所(クルマで1時間以内で行ける距離)にスケートパークがたくさんできましたね。簡単ですが、自分が比較的良く行くパークを一挙羅列してみたいと思います。

 

城南島海浜公園スケートパーク

城南島海浜公園スケートパークのミニランプでエアターンするサモ

かなり昔からあるパークで2.1mの中途半端に高いミニランプと、管理人の気まぐれで朝6時からオープンしているのが特徴。日中はキッズスケーターが多くてセクションはまともに使用できなく、常に空いているハンドレールばかり乗ることになります。利用は無料だが駐車場代は有料。

 

舞浜スケートパーク

舞浜スケートパーク SHAKA24でダブルペググラインド

去年リニューアルされて一挙にセクションが近代化されたスケートパーク。セクションは豊富だが基本的なエリアは常にスケートボーダーが使用しているので、自転車は比較的空いている階段やハンドレールセクションを利用することに。難易度は高めで良い練習になります。樹脂ペダル、ペグ、バーエンドは必須。パークも駐車場も無料。

 

塩浜スケートパーク

バンクでバニーホップテイルウィップをするTUBAGRAライダーAKIRA君

エアターン練習に最適な高さ1.8mの幅広ミニランプと、ちょいと癖のあるコンクリセクションが特徴のスケートパーク。スケートボーダーが多いので、上手く譲り合って乗りましょう。パークも駐車場も無料。

 

世田谷公園SLスケートパーク

サモ世田谷公園SLスケートパークサモインバート練習

フラットでステアー多めのエリアと、Rやバンクで構成されているエリアの2種類で構成されているパーク。フラットな方は常にスケートボーダーで混んでいるが、Rの方は殆どいないので自転車は乗りまくれる。(たまにRの方にいるスケートボーダーは激上手)Rエリアのセクションは狭くタイトだが、慣れるとそれが癖になって面白い。樹脂ペダル、ペグ、バーエンドは必須。パークは無料だが駐車場は有料(都心にあるので満車になりやすい)。

 

新横浜スケートパーク

新横浜スケートパークでハングオーバートゥースグラインドをするサモ

パークのセクションの大部分が高架下にあるため、雨でも比較的乗れる(雨が吹き込むとセクションが濡れて乗れなくなる)のと、夜22時までオープンしているのが特徴。セクションも豊富だがその分スケートボーダーやBMXライダーも多く、上手く順番を守りながら乗る必要がある。パークは無料だが駐車場は有料。

 

戸吹スケートパーク(プラネットパーク)

サモの下りハンドレールダブルペググラインド

広大なストリートエリアと同じく広大なボウルエリアの2つで構成された乗りごたえのあるパーク。その分、スケートボーダーが多いので、お互い譲り合って乗りましょう。22時までオープンしているのも特徴です。ペダルやバーエンド、ペグは樹脂でないと乗れない。パークに入る際のチェックが厳しくそれらを満たしていないと簡単に弾かれます。あとディスクブレーキも実質禁止。利用料は500円で駐車場は無料です。

 

横須賀うみかぜ公園

TUBAGRA Rider YAMATO君のうみかぜ公園バンクでのバニーホップバースピン

古くからあるスケートパークで現在リニューアル工事中。どんなパークに生まれ変わるか非常に楽しみです。パークは無料ですが駐車場は有料。

 

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム YAMATO君バニーホップ180シートグラブ

高架下にあり雨天でも乗れるのが特徴。スケートパークなのに路面が悪いことでスケートボーダーがそれほど多くないため、比較的自転車で自由に乗ることができる。が、セクションのレイアウトがメチャクチャで全部を繋ぐ流れるようなライディングは困難。トイレが付近にないのが最大の欠点。利用料も駐車場も無料。

 

大師河原スケートパーク

川崎市大師河原公園スケートパーク SHAKA24 バンクでハイエアー

Rが一切無く、すべてバンクで構成されたバニーホップ系トリックオンリーのスケートパーク。樹脂ペダル、ペグ、バーエンドは必須。パーク利用は無料だが専用の駐車場は無し。路駐したらすぐに駐禁取られるので付近のコインパーキングを利用しましょう。

 

実際、関東には他にもまだたくさんありますけど、自分が良く行くスケートパークだけを紹介してみました。

その日の気分、天候、何を練習したいか?で毎回どこに行こうか迷うくらいたくさんあり、本当に良い時代になったなぁ〜、なんて思います。スケートボードやBMXパークが競技で追加された2020年のオリンピック前後でまた増えることも容易に考えられますし。

 

とはいえ、一般的なMTBライダーがスケートパークで乗るのは、最初はとても勇気がいることも分かっています。まぁ、かれこれ15年以上も多くのMTBライダーたちが普通にパークで乗ったことにより、MTBが乗っていても文句を言われることなんてほぼ無くなっていますが…

 

 

ちょっと前に書いた記事ですけど、パーク初心者のMTBライダーがスケートパークデビューするためのコツやマナーを書いています。よろしければご一読ください。

スケートパークデビューのススメ

MTBストリートライダーのシャラ(SHARA)君がJAMを開催します!!Riders-Diary

MTBストリートライダーSHARA シャラ君主催のNEW YEAR STREET JAM 2018

1月14日(日)10時、場所は狭山公園堤防上広場にて、MTBストリートライダーのシャラ(SHARA)君が「NEW YEAR STREET JAM 2018」を開催します。

緩い感じのジャムにしようと思っているので初心者の方もあまり気張らずにご参加ください!見学だけも歓迎です!」ということですので、MTBストリートやストリートトライアルなどのアクションライディングに興味をお持ちの方はぜひ顔を出してみてはいかがでしょうか?

凄まじいライディングを間近で見られるチャンスですし、ライダー間の交流を拡げることができます!

 

MTBストリートライダーSHARA シャラ君主催のNEW YEAR STREET JAM 2018

シャラ君は礼儀正しい青年なので、年配の方でも若い方でも気さくに話をすることができますよ!

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム シャラ君ノーハンド

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム シャラ君の刺しバニーホップ

MTBストリートライダーSHARA シャラ君主催のNEW YEAR STREET JAM 2018

そんな彼に、今回のジャムをどうして開催することにしたのか聞いてみました。

「今回ジャムをやろうと思ったきっかけは、新年だからみんなで乗ろうというちょっとした思いつきでした。

それをジャムイベントにしようと思ったのは、今まで色々なジャムにお邪魔させていただいて、とても楽しく良い経験になったので、その楽しさをもっとたくさんのライダーに経験してほしいと思いました。

今まではイベントにただ参加するだけでしたが、これからは自身でイベントを企画したりもっと色々なことを発信して、日本のMTBシーンを盛り上げるために頑張りたいと思います!」

 

場所:狭山公園堤防上広場

 

アクセス:
西武多摩湖線の西武遊園地駅か遊園地西駅。遊園地西駅は上がったところにコンビニがあるのでお勧めです。
佐山公園には無料の駐車場もあるので、クルマでお越しの場合でも安心です。

 

今回、シャラ君の開催するジャムに協賛というカタチでTUBAGRAのエンマフォーク Type.Nを提供させていただきました。

ENMA FORK Type N エンマフォークタイプN

他にも魅力的な賞品がたくさんあるとのことですので、多くの参加者が何かしらの賞品をGETできるかも知れません。

という点でも魅力的なこのジャム、次の日曜日ですので、ぜひご参加ください!

 

このジャムを詳しく紹介しているシャラ君のBLOGはこちらです。

MTBストリート〜ジャンプのプライベートレッスンを行いましたRiders-Diary

今日は朝9時半からお昼過ぎまで、50代半ばのMTBライダーMさんより依頼をいただき、幕張でストリート〜ジャンプのプライベートレッスンを行いました。

MTBストリート〜ジャンプ個人レッスン

Mさんは元々ロードバイクやシクロクロスに乗られていましたが、1年前にMTBに転身。常設コースやトレイルライドなどを行っている内にストリートトリックに興味を持ち、この度のレッスンへと繋がったのでした。

 
完全マンツーマンでバニーホップ、バニーホップの応用、ステアーケース、ジャックナイフターン、ジャンプなどをレクチャー。基礎がしっかりしていたので、次々にモノにしていくMさん。

MTBストリート〜ジャンプ個人レッスン

バニーホップに至っては、まったく飛べない状態から高さ15cm程度をコンスタントにできるようになっていました。

 

MTBストリート〜ジャンプ個人レッスン

ジャンプは踏切の感覚を掴むのに苦戦されていたものの、左右にブレない安定した状態で飛べるように。

 

この調子で楽しみながら練習して行けば、間違いなく上達できます!!またよろしくお願いいたします。

体調不良な1日の過ごし方Riders-Diary

今日も体温は37.5度で良くも悪くも安定。お医者さんで処方された薬を飲んでいるものの、依然として回復しているのか分かりません。

こんな時は1日中寝ているのが筋なのですが、自分は元々6時間以上続けて寝ると腰が痛くなる体質で、それは病気の時でも同じです。正月に息子から伝染されたインフルエンザで1日中寝込んだ次の日、インフルエンザよりも腰の痛みで耐えられなくなったくらい長時間睡眠は自分にとって苦手な行為。

BIKEYOKE REVIVEをインストールした小川輪業でドロッパーポスト BIKEYOKE REVIVEをインストールしたcroMOZU275と多摩川河原日向ぼっこ

という訳で、今日は午前中は家にいてデスクワークをこなしていましたが、やはり座ったままでも微妙に腰が痛くなってきたので、お昼前に1時間ほど多摩川河原をcroMOZU275でサイクリングすることにしました。

本当に身体を気遣って日向ぼっこをしながらのまったりライド。風は強くて寒かったけど…(汗)

 

多摩川河原でBIKEYOKE REVIVEをインストールした小川輪業でドロッパーポスト BIKEYOKE REVIVEをインストールしたcroMOZU275で斜め刺しバニーホップ

ハイ。ただのサイクリングだけは無理!少しバニーホップしてしまいました。

まぁ、でも腰の痛みは消えてリフレッシュできたので良かったです。

2018ハンドメイドバイシクル展に出展しますRiders-Diary

1月20日(土)~21日(日)に科学技術館 1F催物場2018ハンドメイドバイシクル展が開催されます。

2018ハンドメイドバイシクル展

今年もMOZUフレームを作ってくれている岡安製作所のブースで参加させていただく予定です。入場は無料なので、ぜひ遊びに来てください!

TUBAGRAからはcroMOZU275バイクを出展します!ぜひ興味のある方はまたがってみてください。開発秘話などもバッチリお話します。

ドロッパーポスト BIKEYOKE REVIVEをインストールした小川輪業でドロッパーポスト BIKEYOKE REVIVEをインストールしたcroMOZU275

昨今のトレイルバイク(ハードテイル)はロングホイールベース化、ヘッドアングルは激寝、BBハイトは下がりに下がって安定指向になっているのに対し、croMOZU275は回転しやすくバイクを振り回しやすいショートホイールベース、下りながらバニーホップなどをするにはちょうど良い立ち気味のヘッドアングル、木の根っこや岩にペダルやチェーンリングがヒットする心配が一切無い高めのBBハイトを採用しています。

まさに「流行り」とは真逆を行き、トレイルを走りながら、公園や公道を移動しながら楽チン快適なバニーホップをするためのフレームがcroMOZU275です。

 

 

風邪→肺炎→インフルエンザ→風邪という具合で1ヶ月体調崩したままになっています。

体温も1ヶ月の間、37.5度を下回らないので、いっそのこと自分の平熱は37.5度ってことにした方が良いんじゃないか?って思う始末です。

 

っても、今日はさすがにクルマの運転していても意識朦朧としてキツかったので、病院行って薬もらってきました。さすがにコレが決めてになって治って欲しい。

ドロッパーポスト BIKEYOKE REVIVEをインストールした小川輪業でドロッパーポスト BIKEYOKE REVIVEをインストールしたcroMOZU275 斜め刺しバニーホップ

今日は暖かかったので河原で10分だけバニーホップ。気分が悪くなる前に帰ってきました。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2018 by Street MTB Team TUBAGRA